FC2ブログ
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事は全てのプログラマーが必ず読むべきであるとても重要な内容が書かれています。

アプリケーションを開発するときに何らかの機能やアルゴリズムが必要になったとします。その必要な機能やアルゴリズムを使おうとしても手元に必要なライブラリーがないなどの理由で、簡単に実現できない場合があるとします。そのような場合、どうするべきでしょうか?自分で機能やアルゴリズムを実装するべきでしょうか?

アプリケーションを開発する場合、自分独自の機能やアルゴリズムを新規に開発する必要があるということは、まずありません。
ほとんどの場合は、Web で検索すれば自分が欲しい機能やアルゴリズムは見つかるはずです。ほとんどのものはライブラリーやモジュールといった形で提供されています。
車輪を再発明するな」という有名な言葉の通り、自分で機能やアルゴリズムを新しく開発するということは、時間の無駄以外の何者でもありません。自分独自の機能やアルゴリズムを自分で書こうとする前に、既にライブラリーがリリースされていないか、必ず調べて見なければなりません。

また、自分(達)独自の手法で開発を行うということも、非常に良くありません。
実際の開発の現場でとてもありがちなのが、ソースコードの修正を自分達独自の方法で行うことです。【必読】職場独自の文化に悩んでいる人へ で紹介した僕が以前いた開発の現場では、その職場独自の方法でソースコードを修正していました。その職場独自の手法は、まさに悪い例の見本です。まだ読んでいない方は、是非読んでみてください。

自分独自の手法で行うことがなぜ良くないかというと、それは問題が発生した場合について考えてみれば分かります。
何らかの問題が発生したときに、自分達では解決方法が分からず、仕方なく Web 上の掲示板やフォーラムなどに質問を書いたとします。そのようなところに質問を書いたとしても、答えてくれる人はきっといないでしょう。なぜなら、世の中の人はその自分独自の手法を知らないわけですから、当然問題の解決方法も知らないわけです。なので、質問されても答えようがありません。質問を書き込んだとしても、「その前に、なぜそのような独自の方法でやっているのですか?」とつっこまれるのがオチです。自分独自の手法で行っているわけですから、問題の解決方法は自分しか知らないのです。

実際に開発を行う時には、決して自分達独自の手法で行うのではなく、世の中に広く知れ渡っている標準的な方法で行わなければなりません。

自分独自の手法で開発しても、良いことは何一つありません。必ず、世の中にある標準的な方法に従って開発するべきです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsurujiro.blog.fc2.com/tb.php/33-bc634e7f
/* 引用 */ blockquote { padding: 0.3em 0.3em 0.3em 0.5em; width: 80%; border-left: 5px solid #4a0400; background-color: #AFEEEE; font-size: 0.875em; overflow: auto; } blockquote pre, blockquote pre code { margin: 0; overflow: auto; }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。